eyecatch004

2015.10.13

【RWC2015特別レポート】第4回

アメリカ代表に28-18で勝利し、日本代表は3勝1敗でプール戦(一次リーグ)を終えた。10月11日、グロスターのキングスホルムスタジアムでのことだ。熱心なサポーターで埋め尽くされた観客席からは… 続きを読む

My RWC2015 stories vol.3

2015.10.6

【RWC2015特別レポート】第3回

芝生に突っ伏して動けなくなったトンプソンの姿に涙腺が緩んだ。サモアを下し、史上初のラグビーワールドカップ(RWC)2勝目をあげたノーサイドの瞬間のことだ。最後まで体を張り続け、ボールを守るために身を投げ出し… 続きを読む

BA2K2450

2015.10.2

【RWC2015特別レポート】五郎丸歩

試合後のインタビューなどでの落ち着いた語り口も日本での人気の要因だろう。もちろん、整った顔立ちも。これまでラグビーに関心のなかった皆さんは「ラグビーには、こんないい男がいたのか」と驚かれているかもしれない。しかし、そのイケメン・キャラは… 続きを読む

DSC_3705

2015.9.29

【RWC2015特別レポート】第2回

「私が入社した頃は、ラグビーのテストマッチ(国代表同士の試合)は第三国では行わない時代でした。交流のある国同士の定期戦が主体で、対戦国同士を行き来するだけだったのです。それが… 続きを読む

eyecatch001

2015.9.24

【RWC2015特別レポート】第1回

9月18日、第8回ラグビーワールドカップが幕を開けた。開幕セレモニーは、ラグビー発祥のエリス伝説の再現映像から始まった。手も足も使う原始的フットボールから、エリス少年が当時は許されていなかったボールを持って走る行為におよび、ラグビーが生まれる。そのエリス少年がトゥイッケナム競技場の… 続きを読む

DSC_2302

2015.9.15

第77回 木曽一

195㎝の長身を利したラインアウトのキャッチの高さは日本人では群を抜いていました。ヤマハ発動機時代にはラグビー王国ニュージーランドで武者修行、ノースハーバー州代表にも選出されます。RWCは3大会で日本代表メンバー入りしましたが、充実のパフォーマンスは2003年大会でしょう。現在、NTTコミュニケーションズに 続きを読む

kurihara

2015.9.15

第76回 栗原徹

栗原徹さんは慶應義塾大学で学生日本一となり、サントリー、NTTコミュニケーションズで、FB、WTBとして活躍しました。しなやかなラン、正確なプレースキックで何度も勝利を呼び込んできました。日本代表としては2003年RWCに出場し、4試合すべてでピッチに立ちました。世界の大舞台で 続きを読む

DSC_2091

2015.9.15

第75回 岩渕健輔

現在、日本ラグビーフットボール協会の日本代表ゼネラルマネージャーである岩渕健輔さんは、創造性豊かなプレーで、セブンズ(7人制)、15人制、両方の日本代表として活躍しました。ケンブリッジ大学時代は、オックスフォード大学との定期戦「バーシティーマッチ」にSOとして出場し、ケ大側では日本人初の….. 続きを読む

DSC_2211

2015.9.10

第74回 大西将太郎

大西将太郎選手といえば、大阪出身で高校、大学では関西のラグビーファンを熱狂させ、その後は日本代表でも熱いプレーでファンの支持を得てきた人気選手。日本代表としては、2007年RWCのカナダ代表戦の同点ゴールを思い出す人が多いでしょう。平浩二選手のトライで2点差となった試合集終了間際、右中間….. 続きを読む

DSC_2014

2015.9.10

第73回 今泉清

今泉清さんといえば、プレースキックの助走をはかる際、観客席から「1、2、3、4、5!」と掛け声がかかるシーンを思い浮かべるオールドファンの方が多いでしょう。大きなストライドでフィールドを縦横無尽に走りまわり、早稲田大学、サントリーで活躍しました。その自由奔放さゆえか、日本代表キャップ数は少なく、RWCも1995年のみ….. 続きを読む